産業保健師の役割

産業保健師の役割は、企業で仕事をしている授業員それぞれの健康管理になります。体調を崩している社員がいないか、病気を予防するための対策を考えることです。産業保健師の場合、少人数で仕事をしますので、他の誰かからの指示を受けずに自分で考えて行動する必要があります。責任感を持って仕事ができるのがメリットといえます。

また行政機関や病院で勤務していた人は決められた通りに行動することが多いでしょう。しかし産業保健師になると、そのように指示を受けることがないので行動力が身についてきます。また自分で考えて行動することも多いので、思考力を仕事をしていく中で身に着けられるメリットもあります。

行動力や思考力を培うためには、自分でも意識して行動することが大事です。予測をして今後どのように対応すればいいのか、そしてどうやって実践すべきなのかを考えて行動するように心がけてください。産業保健師は夜勤がないので楽というイメージを持っている人もいるようですが、責任感があることに違いはないので注意してください。

コメントを残す