産業保健師の求人倍率

看護師や保健師が働ける職場はいくつかあります。その中でも産業保健師の求人倍率はトップレベルの高いと思っておくべきです。すなわちそう簡単に転職先が見つけられない可能性も視野に入れておくべきです。そもそも産業保健師の募集は、決して多くありません。しかもネットなどで、産業保健師は夜勤がなく、土日祝日休みの案件が多いと紹介され人気が集中したこともあって、求人倍率が高くなる傾向が見られます。

産業保健師の転職を検討している人でもう一つ注意しておかないといけないのは、非正規雇用の案件の多い点です。産業保健師の募集をしている企業の中でも、25%くらいの所は非正規雇用で求人広告を出しています。ですから正社員としての転職を希望するのであれば、雇用形態にはしっかりとチェックをしておくべきです。

今後は産業保健師のニーズも高まってくることが予想され、設置を検討する所も出てくる可能性は十分あります。ですから待遇が変わってくる可能性もありますが、しばらくは倍率は高い状態で推移すると思うべきです。

コメントを残す